Fun Club ファンクラブひまわり

  • ファンクラブについて
  • ひまわり広場
  • おしゃべり広場
  • みなさまのページ
  • ひまわり入会案内

おしゃべり広場(みなさまからのメッセージ)

この広場は音楽の好きな皆さんのための広場です。陽子さんの演奏会、CDについてのご感想、皆さんの近況報告、「私のグループの演奏会を聴きに来てください!!」などなど、何でも結構、どなたでも参加いただけます。
また、このページは「長谷川陽子のブログ」と連動してご覧いただくと更にお楽しみいただけます。

Subjectには「おしゃべり広場」と書いてE-MAIL 【長谷川陽子・ひまわり】 までメッセージをお寄せください。
また、お住まいの市区町村名・お名前もお書き頂けると嬉しいです。(ハンドルネームも可)
誰もが楽しめる、ほっとできる広場にしたいと思っておりますのでご協力をお願いいたします。

2013年05月11日青森でのコンサートを聴いて!

仙台市 Y.H さん

 

長谷川陽子さま 

 今日のコンサート、とても素晴らしく、聴かせていただきました。

前の席で、柔らかな音色、厚みのある深い音色に吸い込まれていました。

 

“シャコンヌ”のあの重音を耳にして行くと、前にサントリーホールで桐朋チェロ卒業生の方々が弾かれた時の音が、聞こえてきました。   陽子さまお一人で…凄いです!   チェロを勉強している私には、全てが、魔法のように感じました。アンコールも沢山聴かせていただいて、少し寒い、青森でしたが、初めて乗った、はやぶさで仙台から来て、本当に良かったです!


■ひまわり事務局です。

お天気の悪い中を仙台から青森までお出かけくださったのですか!!

ありがとうございました。

チェロ合奏のシャコンヌも圧巻でしたが、チェロ・ソロのシャコンヌも圧倒されますね。

やはりこれからもず~っと歴史に残る名曲中の名曲ですね。


2013年04月20日「八ヶ岳高原サロンコンサート 長谷川陽子 & 仲道祐子 チェロとピアノの夕べ」

「八ヶ岳高原サロンコンサート 長谷川陽子 & 仲道祐子 チェロとピアノの夕べ」

東京都 清水信二さん

 

今日お二人のデュオ・コンサートに八ヶ岳高原音楽堂へ行ってきました。

あいにくの悪天候のため、雪をバックの演奏会でした。…いつもならば、八ヶ岳をバックの音楽堂のコンサートホールですが、今日は雪をバックに、寒さのせいか少し音のきれがよかったようです。

 

 日本一高いJR駅野辺山(1345.7m)を下車、そこから送迎バスで八ヶ岳高原ロッジを経由し音楽堂へ、今日も少し早く着いたのでリハーサルの音を聴きながら外で開場を待ちました。

 演目のブラームス チェロ・ソナタ、バッハのシャコンヌは何回も聴いていますが、小さなホールでの間近の演奏でかなりの迫力、新鮮さを感じました。

 

 仲道さんのリストのうち、エステ荘の噴水は本当に噴水の止まることなく流れているような曲想を感じさせ、愛の夢は前回よりも力強さを感じました。

 

 マンシーニのひまわりはアレンジのせかオーケストラとは違った雰囲気がありました。

またカルメン・ファンタジーはシャコンヌのCDにあるものとは別の趣きでした。

 アンコールの二曲はうれしかったです。

 


■ひまわり事務局です。

清水さん、真っ白の雪景色の中を、八ヶ岳までお出かけ、ありがとうございました。

お帰りは大丈夫でしたか? 

マイカーで別荘にお泊まりの方達は、翌朝大変だったそうですが、コンサートとともに忘れがたいひとときだったようです。

 

写真を3枚いただきましたが、1枚しかアップできない設定のようでごめんなさい。

勝手にチョイスさせていただきました


2013年04月18日シャコンヌの【High-Resolution音源】、ありました!!

川崎市 D.H.さん
今日は「シャコンヌ」のことで少し。

 

最近のオーディオ界での流行、ハイレゾ音源。ーHigh-Resolution音源。
陽子さんのは無いかなと検索しておりましたら、ありました。2件。

 

「シャコンヌ」と「WAVE~ジョビンへのオマージュ」。e-onkyoさんのsiteです。
「WAVE」は古いこともあって44.1khz20bit配信ですが、
「シャコンヌ」は176.4khz24bitで配信してくれています。
http://music.e-onkyo.com/goods/detail.asp?goods_id=vhd10444

 

e-onkyoさんに問い合わせると、これはマスター・テープを
まったくそのままの状態で配信なさっているとか。

 

すごい時代になったものです。マスターの音が聴けるのですよ。
それはネットワークを介しているので、まったくのイコールではないですが、
それでもCDよりは音がずっといいはずです。
これならCD嫌いの僕でも聴いて見ようという気になります。(笑)

 

陽子さんがレコーディングが終わって、完パケをplay backして
チェックなさった時の音が聴けるのです。

 

ダウンロードしてCD-Rに焼いても、普通のCDプレイヤーでは聴けませんが、
陽子さんの魂のこもった、血と汗の結晶のアルバムを少しでもいい音で
聴きたいと思っておられる方には朗報だと思い、お知らせ致します。


■ひまわり事務局です。

思いがけない情報をいただきました!! よく見つかりましたね。

 

ビクターも最高の音質を目指して、5チャンネル・サラウンドのDVD-Audio 「Simply Cello」を発売したり、いろいろ工夫がされているのですね。

音をとことん追求されている方は、ぜひお試しください。


2013年01月03日雨・のち・ひまわり

雨・のち・ひまわり

東京都葛飾区 吉田さん

 

 12月22日、陽子さんの骨太の音に感激しました。

シャコンヌ、何か命を懸けて弓を弾いているような、そんな迫力が感じられました。

1部が終了して休憩に入った時、雨がやんでいてお陽さまが現れました。

そして、2部の陽子さんの衣装は、まさにひまわりのような、何か外の天気を見て着替えたような、そんな、空とぴったり合ったドレスだったのでビックリしました。

 

 最後になりましたが、夏のひまわり広場の時、勝手にハンドベルを持って行ってお騒がせしたあげく、記念になる写真を送っていただいたスタッフの方々に感謝申し上げます。
できたら、来年もひまわり広場の新人さんの試練の場として、ハンドベル演奏をさせていただけるとうれしいです(笑)。


■ひまわり事務局です。

明けましておめでとうございます。

ハンドベルは楽しかったですね。今年の広場はまだ日程が決まっておりませんが、
ぜひハンドベルご持参でご参加ください。


2013年01月01日明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

 皆様、明けましておめでとうございます。
 昨年は長谷川陽子さんがデビュー25周年を迎え、種々のイベントで大いに盛り上がりました。皆様のご協力を心から感謝いたします。


 中でもハイライトは、12月22日に行われた「チェロの個展」で、陽子さんの25年間の集大成としてまことに感銘深いものとなりました。クラシックの「個展」という催しで、陽子さんが、あの東京文化会館小ホールを満席にするまでの実力をつけられた事を、私たちも誇りに思います。

 

25年前、可愛らしい高校生としてデビューした陽子さんが、今や日本を代表するチェリストにまで成長されたことを改めて実感いたしました。


 今年からは、次の四半世紀に向けて、新たなスタートを切ることになります。
陽子さんは今後もますます成長を続け、活躍の舞台を拡げてゆく事でしょう。
私たち「ひまわり」のメンバーも、「陽子さん応援の輪」を更に広げ、強めて、陽子さんと共に成長してゆくことを祈念して、年頭のご挨拶とさせていただきます。
                                                      「ひまわり」会長 久保 勲



2012年12月22日陽子さんパワーおそるべし・・・?

東京都町田市  中丸宜志さん

 

土砂降りの中、東京文化会館に行ってまいりました。

鳥の歌って、譜めくりの人が必要なほど長い曲だっけ?

と思っていると、間髪入れずに、カルメン・ファンタジーに突入。

ジャズっぽい感じが絶品です。

 

アンコールも、私の最も好きな作曲家Top3の一角のアストル・ピアソラが2曲も!

(ちなみに残りの2人はショスタコーヴィチと伊福部昭。

以下、サティ、フォーレ、ヴィラ・ロボス・・・と続きます。

オメーの趣味なんてどーでもいいと言われそうですが)

 

外に出ると、雨雲など、どこかに消え去っておりました。
陽子さんパワーおそるべし・・・?


■ひまわり事務局です。

本当に!! 

リサイタルの日はドシャブリで、みぞれ混じりの寒い日でしたのに、休憩時には陽ざしまで見えてきて・・・・。

チケット購入しながらお出かけをためらった方も多かったかもしれませんね。


2012年11月24日9000枚中のベストの一枚、私の超特選盤です。

9000枚中のベストの一枚、私の超特選盤です。

大阪府 山田楊平さん

 

今日「シャコンヌ」が届きました。素晴らしい!大満足です。

私が持っています9000枚のベストの一枚です!心を奪われ魂を奪われるとはこのことか!

格調の高い清冽な響きが、一音一音が心に迫ります。

 

私は今までビクターの録音には必ず不満を持っていましたが、これは違います。見直しました。

心に響く音が充満しています。私の超特選盤です。

チエロ好きは勿論すべての音楽にも無縁な人にも聴いて欲しい!

この響きに必ず心打たれる筈です。魂のチエロ、魂の響き、そう確信します。


陽子さん有難うございました。ひまわりの皆様有難うございました。


■ひまわり事務局です。

今まで山ほどの名演の現場に立ち会ってこられた山田さんのコメント、嬉しい限りです。

来年の関西広場のチェロ・アンサンブルでも、どうぞお智恵をお貸しください。


2012年11月11日高知のコンサートへ行ってきました。

高知のコンサートへ行ってきました。

東京都 清水信二さん


 きのうは、高知へトリオのコンサートへ行ってきました。

 さて、コンサート会場は、高知城(天守閣)から眺めて濃いグリーンの樹木の左側あたりに位置するとてもよいロケーションでした。

 私が今まできいた3回の長谷川さん、小林さん、仲道さんのトリオ・コンサートと比べて今回は長谷川さんの出番が多かったです。曲目もカサド、サン・サーンス、ベートーベン、ヘンデル、メンデルスゾーンと多彩でした。サン・サーンスの曲、ベートーベンの曲「幽霊」は初めてでしたが、少し違った趣がありました。

 

 パッサカリア(ヘンデル)、ピアノ3重奏(メンデルスゾーン)ともに3回目で、より深みがでてきたように思えました。ヴァイオリン・ソナタ(チャールズ・アイブス)は曲中「タンタンタヌキノ~」のような部分がるのは(そうきこえたのは)少々面白かったです。即興曲(ショパン)のピアノ・ソロはやはり仲道さんがショパンがお得意なようなので、とてもよかったです。

 

 2時間のコンサートもあっという間に過ぎてしまい、帰路を駆け足で「はりまや橋」まで向かいました。「はりまや橋」では「南国土佐を」の石碑(添付)を見ることができ、そこではペギー葉山さんの歌が流れる仕組みになっていました。

そして、空港までリムジンバスで向かいました。空港で長谷川さんをお見かけしたのですが、(今まで私は知らなかったのですが、)チェロは座席までお持ちになられるのですね。お聞きしたかったのですが、できませんでした。

 

 家についたのは午後11時過ぎでした。

 今回で年内の私にとっての長谷川さんのコンサートは最後になりそうです。次は来年になりますが、当面は新しいCD(予約してあります)が届くのを楽しみにしております。

 今後も長谷川さんのすばらしい音楽をきかせていただきたいと思っております。

 昨日は本当にありがとうございました。


■ひまわり事務局です。

遠い旅・・・・!! 東京から四国まで、本当にありがとうございました。

せっかく添付写真を4枚いただきましたのに、当ホームページのシステム上写真枠が1枚分しかなく、ステキな高知城の写真などがアップできず申し訳ありません。

 

ご予約のCD、「シャコンヌ」は、11月21日のリリース後に、さっそくお送り申し上げます。どうぞお元気で!!


2012年09月03日演奏会のご案内

埼玉県戸田市 石黒ひかるさん

 

7月の陽子さんのコンサートに続き、8月の「ひまわり広場」も終わり私にとって元気をもらえた時間でした。
陽子さんのバッハ「シャコンヌ」最高です!!
 
9月に入っても残暑がまだまだ厳しい毎日が続いてますが、夏バテにならないよう皆様も気をつけて下さいね。
そして、この「おしゃべり広場」の恒例?にしてしまっていますが、戸田交響楽団の定期演奏会のご案内をしたいと思います。
 
戸田交響楽団 第53回定期演奏会
2012年10月14日(日) 14:00開演(13:15開場)
入場料:1000円(一般) 500円(高校生以下)
戸田市文化会館(最寄駅 JR埼京線 戸田駅)
  J.ブラームス 交響曲第3番
  J.スワーロー マリンバ協奏曲「リズム・オブ・ライフ」(日本初演)
           マリンバソロ 小川佳津子さん
  J.イベール バッカナール
  C.サン・サーンス バッカナール(オペラ「サムソンとデリラ」より)
 
今回のマリンバ協奏曲は私も初めての体験です。オケも弦楽器と打楽器だけの構成なんです。日本初演になりますので、皆様も貴重な体験をしてみませんか?
お時間の都合がつきましたら是非、足を運んで頂ければ幸いです。


■ひまわり事務局です。先日の「ひまわり広場」では、石黒さんのチェロが響いていましたね(^-^)

毎年ご参加、ありがとうございます。

 

戸田交響楽団さんも、意欲的なプログラムに挑戦されていますね。頑張ってください。

ご盛会をお祈りしています。


2012年08月27日第19回ひまわり広場in関東に参加して 2012年8月25日(土)カワイ表参道にて

会員番号:3017 オーボエダモーレさん

 

 真夏の表参道。ちょっと遅れ気味なので小走りで道を急ぐ。カワイ表参道に飛び込んでほっとする。今年も第19回ひまわり広場in関東が、カワイ表参道の2階パウゼで開催された。ひっそりとした1階とは対照的に、2階はすでに大勢のファンで溢れ返っていた。私は、狭い階段を上がって行く瞬間が、とても好きだ。まるで別世界が広がっているような感じがする。年々、新入会の方も増えて、ファン・クラブとしても盛況で喜ばしい。

 

 第一部の陽子さんのミニ・コンサートは、バッハのシャコンヌ。演奏は、若々しく情熱的で迫真的だし、この上なく端麗で精神性が高い。朗々として逞しく、曲の進行につれて、白熱化してくる。後で、聞いたところでは、陽子さん、左手が腱鞘炎とのことで、コンディションは悪かったわけだが、いつもより骨太で逞しく聴こえたので、音楽とは面白い。アンコールでカタロニア民謡の「鳥の歌」が演奏されたが、こちらも聴く者の心に切々と語りかけてくる弦音が、まるで悲痛な声のように心を揺さぶる。ピーンと張り詰めたような緊張感が印象的で感動深い。陽子さんの芸風は、オーソドックスだが、品格が高く躍動的で、語り口が新鮮優美だ。ヒューマンで自然な感じがとても良い。

 

 第二部のパーティーは、とても和やかで活気があった。昨年は、急遽仕事が入って不参加だったため、2年ぶりにSさんと再会を果たし、心和んだ。Sさんは、昔、九州や名古屋まで陽子さんの追っかけをやっていたとか。その情熱は素晴らしい。主催者の方も、いつも工夫した催しを企画して、場を盛り上げている。会食の様子を眺めていると、まさに“広場”という名に相応しい。とても幸せなひと時を過ごせた。

 

 第三部は、恒例のチェロ・アンサンブル。ファン・クラブの拡大と共に、チェロ・アンサンブルへの参加者も年々増えて行くようだ。陽子さんと一緒に演奏できるという点が、ファン・クラブとしては珍しく、チェロを奏する人にとっては貴重な体験だ。演奏は、とにかく、「アヴェ・マリア」(グノー)が秀逸であった。チェロ軍団が、まるでオーケストラのように雄大で、しかもアンサンブルの乱れもほとんど無く、敬虔切実だし、非常におおらかで響きが美しい。皆、心が一つになっていて、曲に対する共感度が、極めて高い。終曲後、ブラヴォーの声が飛んだのも当然だ。私がこれまで聴いた、チェロ・アンサンブルのベスト・パフォーマンスであった。心からの拍手を送りたいと思う。最後に、チェロ・アンサンブルと一緒に「夏の思い出」を会場の皆で楽しく唱和し、お開きとなった。文字通り、私にとって、良い夏の思い出となった。

 

 真夏に開催される“ひまわり広場”は、陽子さんとファンを結ぶ架け橋のようなものだ。陽子さんの人柄か、いつも温もりがあって楽しい。また来年も、真夏の表参道を歩いている自分の姿が、今から目に浮かぶようだ。強く逞しく明るいひまわりの花。私は、ひまわりを見ると必ず陽子さんの笑顔を思い出す。いずれ、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ全曲録音を期待したい。もし実現すれば、これこそ、ファン待望の録音となるに違いない。


■ひまわり事務局です。 オーボエダモーレさん、温かなコメントをありがとうございます。

広場を楽しんでいただけたとのこと、事務局としてもうれしい限りです。

皆さまには、写真が届いたら広場のページでもご紹介いたしますので、少しお待ちください。

 

次回の広場は10月28日(日)午後4時半から大阪のフレンチレストラン・ブザンソンで行います。

大阪市北区大淀南2丁目6-4 06-6451-1811 http://www.besancon.jp/access.html

 

会員以外の方も大歓迎。お申込みは【ひまわり事務局】までどうぞ。